everyday_better

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたサイトです。

やっぱりSASUKEは素晴らしい

ローチェです。

 

今日は年末恒例、SASUKEが放送してましたね。

録画勢・見忘れ勢へのネタバレを避けるため、

今回の結果については触れませんが、

改めて最高の番組というか、企画というか、メンバーというか、最高でした。

 

私は多分10年前くらいからは、絶対に見る番組にしてました。

昨今テレビは見なくなりましたが、絶対にSASUKEは見るようにしてます。

それくらい,放送の3~4時間で色々気づかされる番組です。

 

なぜSASUKEが良い番組なのか、見るべきなのか

について触れていきたいと思います。

 

 

SASUKEとは

 

www.tbs.co.jp

 

TBS系列で放送している、制限時間内にアスレチックみたいな環境をミスしないでクリアできるか、という30年くらい続いている人気長寿企画番組です。

最大4ステージあり、1回の開催の参加者は厳選された100人。

これまでの完全制覇者は4人だけ。完全制覇すると賞金100万~200万くらい出ます。

(難しい上に視聴率取れるんだからもっと出してあげなよ、と思いますが・・・)

以前は半年に1回のペースで企画・放映されていましたが、ここ3年くらいは年末特番になって、年1の開催になってます。

 

完全制覇者が少ない理由

圧倒的に難しいというか、プロアスリート+ある程度専用のトレーニングしてないと無理です。もちろん見たことある人は多いと思いますが、大抵の人は1stステージで上手く進んだとして、ドラゴングライダーで絶対落ちます。

 

こんなんです↓↓

 

www.youtube.com

 

もう3rdステージのクリフハンガー系とか、無理でよね!

 

 

こんなん↓↓

 

www.youtube.com

 

ということで、

SASUKEガチ勢ボルダリングガチ勢じゃないとそもそもまあ無理です。

 

参加者たち

ということで、SASUKEガチ勢じゃないとクリアは無理で、そのSASUKEガチ勢は血の滲むような努力をしないといけないわけです。

血の滲むような努力をして、初めて完全制覇の資格が出てきます。

そんな人は世の中にも中々居ない(軽い趣味で出来る範囲じゃ到底ない)ので、

色んな職業の人がいます。

 

2000年前後は、ミスターSASUKEこと山田勝巳、レジェンド・漁師 長野誠を中心としたSASUKEオールスターズ、2010年前後はその世代に刺激を受けた、YouTubeもやっている靴のハルタ営業 漆原を中心としたSASUKE新世代、ここ数年はSASUKE君こと森本を中心のした森本世代、という感じが中心に、SASUKEに触発されてガチトレーニングしている有名人(最近だと、ゴーデンボンバー樽美酒研二Snowman岩本照など)など。

 

何が素晴らしいのか

そもそも難し過ぎる

そもそも難しすぎるんです。

だから、前述のSASUKEガチ勢が1年間血の滲むようなガチトレーニングの結果出てきたのに、1stステージであっけなく脱落してしまうのです。

だから、ガチ選手の出番は息を飲むように見てしまいます。

 

難しすぎるから、ヒューマンドラマがある

最初は互いに無名で知り合いでもない選手達が、クリアするためにお互いを応援して、刺激して、失敗しては泣いて、嘆いて、次こそはといって、といったシーンに

本当に心が動かされるのです。

30年程度で完全制覇者4人ですからね。

完全制覇者も次の回は1stで脱落なんでザラですからね。

 

自分は何やってんねん、になる

毎回見ると、自分はSASUKEガチ前後に比べたらちっぽけだなー、

って思ってしまいます。

だって、完全制覇するレベルは、本当に毎日血の滲むような努力を積み重ねて、初めてなれる、でも1stステージの数十秒で散ってしまう場合もある、て感じで頑張っている。

芸能人のガチ勢もガチトレーニングして、上手くいってやっと3rd行けるか程度。

サラリーマンで嫌々日々過ごしてる自分なんてちっぽけだなあと。

なんか成し遂げたい衝動に駆られるんですよね毎回。

 

ということで、

毎回見ると人生見つめ直さなければになる番組なのです。

(その後、自分の納得のいくようにSASUKEレベルで継続して努力できたものがあるか、というと・・・ね。)

 

この記事を見ている人は、

  • うんうん、そうだよねと共感する人
  • SASUKEたまにしか見ないor見たことがない人

のほぼ2択かなーとは思うのですが、

いまの時代、見逃しても見れるらしいので

 

↓↓(予告はYoutubeでも見れますが、本編はParaviでないと見れないようです)

 

www.paravi.jp

 

「じゃあ見てみよう!」という人は

是非見て刺激を貰うことをオススメします。

 

ああ、今回もいい回だった。

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー