everyday_better

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたサイトです。

心配症で色々気になりすぎて心がキツい方へ

ローチェです。

 

心配で、ある事が気になりすぎて他が手につかない、なんてことありませんか?

仕事だと、例えば、

  • 明日のプレゼンやミーティング、上手く行くだろうか。
  • 明日もあの嫌な人に会わなければいけない。何か言われるかも。嫌だなあ。
  • 曖昧な依頼してしまったのだけれども、明日ちゃんとやってくれるかな。やってくれないとやばいんだけれども。

なんてことです。

 

もちろんプライベートでも、嫌なことを想像して、不安で、他の何も(遊びでも睡眠でも)手につかない、なんてことありますよね。

 

そんな、心配症で他が手につかない場合の対処策について。

 

f:id:everyday_better:20200909000238p:plain

 

 

心配事の9割は大体起こらない

有名な本で、

 

 

でも記載があるように、9割はそもそも起こりません。

心配症すぎる人は、

日記に、毎日心配だったことと、実際その心配だったことが起こったかどうか、

毎日メモしてチェックしてみるといいと思います。

まあ大丈夫ですよ。

仕事で不安なことがあっても、あらかたは大丈夫だったり、実際起こってもさほど問題にならなかったので大丈夫だった、なんてことはザラです。

まずは、心配症で色々不安になりすぎている人は、「そもそも心配しているほど嫌なことは起こらない」という事を実感してみましょう。

 

自分が変えれないものは諦める

例えば、「同じ職場のAさんが説教マシーンで辛い」なんてことがあるとします。

その場合、「Aさんの説教が辛くて毎日夜も眠れない」なんてこともあると思います。

その場合、自分で「変えれる」ことと「変えれない」ことをまず認識しましょう。

この場合、「Aさんの説教癖」は直らないと思った方がいいです。人は変えられるものじゃありません。

ただし、逆に「自分で変えれる」ものを認識することが大事です。

 

自分で変えれるものは積極的に変えに行く

前者の例だと、「Aさんが説教しなくなる」のを自然に待つのは不可能です。

でも、自分で変えれる・動けることはあります。例えば、

  • 説教がキツくて心身まいっていることを、先輩や上司、会社の産業医、カウンセリング、心療内科に相談する
  • Aさんの言っていることが的を得ているのなら、素晴らしいアドバイスとして捉え、むしろ感謝するようにする
  • Aさんの言っていることが無茶苦茶なら、反論したり、「馬鹿が何いってんだ」とレッテルを張って聞き流したり、上司や同僚やAさんの上司に伝えてみる
  • 会社の上司や周りの人への相談でもダメそうなら、部署異動願いや転職活動をする

といったところです。

 

私も、よく「この人とは絡みたくない」ってことはありますが、絡まないと仕事が進まないので、割りきりを決意して絡みます。

何か言われるのであれば、的を得てれば直せる範囲で直す、的を得てなかったり自分のキャパシティを超えてれば、「参考にします」程度で相手の気を宥めるように返します。

 

マインドフルネスになる

このブログでも度々登場してますが、

マインドフルネス(今に集中して、未来や過去に囚われない)なクセを作るようにします。

詳しくは、

 

 

www.everyday-better-gd.today

 

 

でも書いていますが、

慣れると、

「あ、未来や過去のこと考えすぎてた」と、

今に自分を持ってこれるので、

上手く活用出来る人は活用してみましょう。

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー