everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

夏休みに期待しすぎない

皆さん、今夏はいかがお過ごしでしょうか?

今日は8/16ですが、今日が夏休み最終日という人も多いのではないでしょうか。

今年は9連休取得している方も多いとおもうので、最終日だと「夏休み終わってしまう」「夏休み最終日で辛い」と気分が下がる方も多いかと思います。

 

私も今夏休み終盤ですが、

そんなに気落ちしていません。

そもそもマインドフルネス思考で、

あまり過去未来に固執してないようにしていることもありますが、

そもそも夏休みなんて一瞬で終わるものだと、あまり期待してないからです。

 

なので、今日は「夏休みに期待しすぎない」事について。

 

 

夏休みに期待しすぎると終わりがキツい

夏休み当初に「連休だー!」という気分になるのは、もちろんよいと思います。

但し、期待しすぎると、

夏休み後半に「夏休み終わるのがいやだ」になり、

夏休みの終盤はもう「夏休み終わってしまう」「仕事行きたくない」

という気分に占拠されてしまい、

まだ休み中なのに気分が落ちてしまいます。

 

平日の遅い帰りから帰った時間に比べたら、

よっぽどいい状況なのに。

 

では、夏休みはどう捉えるべきでしょうか?

 

夏休みは水物。一瞬で終わるものと考える

夏休みはボーナスタイムです。

最初はボーナス入って気分はいいですが、ボーナスなんてすぐ終わります。

そもそも、振り替えれば「直ぐ終わったなあ」となるかと思います。

夏休みなんて水物なのです。

直ぐ終わって当然です。

なので、通常の土日と変わらない、くらいに軽く捉えた方がいいのです。

 

1ヵ月もすればまた連休

1ヵ月後になにがあるか、というと、

シルバーウィークがあります。

また直ぐご褒美があるのです。

気持ちしやすい方は、

正月休み明けのほうが絶望ですよ?

ゴールデンウィークまで大した休みがないですから。

なので、夏休みが惜しい方は、

「またシルバーウィークまで頑張るか」とすればよいです。

 

キツければ有給取ればいい

夏休みの反動がキツいとなれば、

それは心の負荷が強くきているので、

疲れている証拠です。

なので、「キツければ週中に休もう」くらいの気持ちでいれば良いと思います。

かつ、休んでもいいのです。

日本人は頑張りすぎなので、

「夏休み明けたらフルアクセル」のイメージがあるかもしれませんが、

そんなことはないのです。

キツいなら、休む気持ちでいればいいのです。

 

まとめ

今夏、いかがお過ごしでしょうか?

夏休み最終日の方も多く、ネガティブな話もSNS等で聞こえていたので、

夏休みの捉え方を書いてみました。

 

夏休みは水物で一瞬で終わってしまう、

くらいに思っていたほうが、気分は楽です。

どうしても休んだ分を振り替えって、

ネガティブになりがちですからね。

 

そう捉えられればよいし、

どうしてもキツければ週中に休みましょう。

夏休み明けキツいのは、

しょうがないんですから。

又はシルバーウィークを見据えて、

進んでいきましょう。

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー