everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

感動作品と出会う

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

今回は、結構時間をかけて見た、とある作品で感動した後ということもあり、

感動作品と出会う」というテーマで記載します。

 

f:id:everyday_better:20200711081713p:plain

 

感動作品とは

 

人生で、

本当にこれは良かった

と思わせてくれた、感動した作品のことです。

 

本、映画、マンガ、ゲーム、ドラマ、アニメなど。

媒体としては色々あると思います。

 

感動作品ってどのくらいありますか?

 

人生で本当に「これはよかったなあ」って作品と沢山出会えると、

それだけ人生って幸せですよね

もちろん私もいくつかありますが、

日々そういったものと触れていくと、

人生って楽しいですよね。

 

皆さんはどれくらいありますか?

私はどちらかというと中々感動しないタイプなので、

映画でもめったに泣かないため、

人よりは少ないですが、その分感動する作品は大事にしています。

 

どの媒体が多い?

 

まあ、どの媒体もありますよね。

最初、「ドラマやアニメは尺が決まっているから感動しづらい」って

書こうとしましたが、そんなことないですね。

とはいえ、ドラマやアニメ見ると、大体原作見ちゃいますね。

 

アニメの聖地巡礼の気持ちもわかる

 

私は世間の人ほどアニメは見ませんが、

それでも有名なアニメは見て、感動するやつは感動しました。

 

やっぱり感動した作品の名残りというか、

それでジーンと来たりすることもありますしね。

 

私は旅行好きでアニメ見なかった派ですので、

友達に「ここXXの聖地なんだよ」って聞いて、その時は知らなかったので、

ちょっともったいなかったかもしれません。

 

ドラマ見る時間は無駄?自己精査の時間に充てるべき?

 

たまに「ドラマやマンガばかり見ているひとは時間の無駄。

その時間で自己精査(勉強とか)すべき」という人を見かけます。

 

物凄くやるべきことや、使命がある人はそうですが、

普通に生きるのであれば、ドラマやマンガの良作なんて沢山あるし、

各々のメッセージもあるので、

むしろ良作は積極的に追いかけていいのでは、とは思います。

ダラダラ見るのは確かにダメとは思いますが。

 

まとめ

 

人生に彩りを持つには、

刺激のあること、感動するような出来事に

沢山出会えるだけ、良いと考えます。

 

中々仕事してたりすると、

自分の自由な時間は持ちにくいですが、

沢山の感動作品の中に埋もれていたいものです。

 

今の私は違いますが、仕事にも、

そういった動機が付く仕事だと

楽しいんでしょうね。

 

たった一度の人生ですから、

よりよい日々をすごしていきたいものですね。

そのためにも、よりよい作品に出合えるよう、

アンテナを持っていたいものです。

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー