everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

やる気が出ないときの対処2選

 

 

皆さん、元気ですか?

私は、少し元気ではないです。疲れ気味。

 

そんな、「やる気が出ない」ときの対処法を2パターン分けて書きます。

 

f:id:everyday_better:20200630231224p:plain


 

 

①頑張る理由や目標を見返す

 

 

やる気が出なくても、やる気が出る頑張るべきことがある場合があります。

 

 

例えば、受験勉強や資格勉強です。

ダラダラやるのはよくないです。

何故頑張るのか理由があるはずなので、その理由が明確にあるのであれば、

やる気は戻せるはずです。

 

 

また、ダイエット等もそうです。

食欲を押さえつけてまでダイエットする理由があるはずで、

なんとなく暴食しそうになったら、ダイエット頑張る理由を見返すことで、

別な手段を探すことができます。

 

 

つまり、「目標」と「頑張る理由」から、

やる気を引き起こすやり方です。

 

 

②自分の気持ちに素直に行く

 

 

本当にやる気が出ない、って言う時もあります。

 

 

超理想論は目標や頑張る理由だらけで、

頑張れることですが、

やる気が出ない、つまらない時だってあります。人間だもの。

 

 

例えば、頑張る理由がない仕事をやらされているときは、

「いや、お金貰ってるんだから頑張ろう!」なんて、ならないと思います。

それは、ダラダラやって済むのであれば、ダラダラでいいのです。

 

 

社会人たるもの、そんなもんではいけない、

という声もあるかもしれませんが、

人なんてそんなもんです。

とはいえ、常識の範囲もあるので、もちろん常識の範囲内で、ですが

 

 

ちなみに今の私は?

 

 

仕事は、やらなくても誰も評価してくれないのに、

やらなくてはいけないことが多いのです。

いわゆる、「事務作業」ですね。

もちろん、やりつつ改善とかは考えながらやるのですが、まあ「つまらない」のです。

 

 

なので、①のように「頑張ったら●●」って要素が少ないのです。

しかも、調整が必要な人がめんどくさいのです。

 

 

だから、めんどくさい人攻略法みたいな形でノウハウ作ろうかなー。

そうしたら楽しいかも。

 

 

やる気出して頑張っても意味がないことを頑張るのは、

辛い。

 

 

まとめ

 

やる気が無いとき、出ないときは、

頑張る理由があるか、目標を見直すことで、

やる気を出すか、出ないのを諦めるかのどちらかだと思います。

 

 

頑張るべき理由がある人は、

それを明確に書き出し、忘れない工夫をして、がんばりましょう。

頑張らなくてもいい人は、いい感じに手を抜いてがんばりましょう。

 

 

つまり、やる気を出して頑張れるものがある人は、幸せなんですよ!

 

 

そういったものを増やして、人生豊かにしていきましょうね!

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー