everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

夕飯を早める

 

 

皆さん、調子はいかがでしょうか。

 

 

なんとなく、夕飯は早いほうがいいよなあ・・・とは知っているとおもいますが、

今回はその「夕飯を早める」ことについて。

 

 

 

 

f:id:everyday_better:20200621175054p:plain

 

 

 

夕飯の時間?

 

 

皆さんの夕飯の時間はどれくらいですか?

 

 

平日だと、仕事の終わる時間に依存してしまいますよね?

なので、忙しい人は遅くなりがちです。

休日は、ある程度自由に調整できるかと思います。

 

 

家族がいる方は、全員が揃うタイミングでしょうか?

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんがいる家庭だと、比較的早めかと思います。

寝る時間も早いので。

 

 

夕飯を早める効果?

 

 

ダイエット

 

 

まず、これですよね。

私の世代だと、歌手の倖田來未が、スタイル維持の秘訣として、

「夕飯を18:00までにとる」といったコメントが有名だと思います。

 

 

あと、身近にライザップのような、お金をかけてダイエットをしていた人がいますが、その人も「夕飯を早めの時間帯にとる」ということを言っていました。

 

 

理由は、夜は脂肪を溜め込みやすいから。夜22:00~深夜26:00 が一番溜め込みやすい、と言われてますね。

 

 

睡眠が深くなる

 

 

胃にご飯が残っていると、寝ている間に胃の消化の働きもあり、眠りが浅くなる傾向があります。また、寝る前になってしまうと、逆流性食道炎にもなりがちです。私もなってました。

 

 

なので、寝る時にはなるだけ胃を空けて、もしくは軽いものを入れることがいいとおもいます。

 

 

食べる量が朝昼寄りになる

 

 

例えば18:00に夕飯を取るとして、

翌日7:00が朝飯と仮定しても、13時間空きます。

お腹がすくのは当然で、朝昼に食べるようになります。

そして、夕飯が早いと、お腹がすかないので、

夕飯の量も減っていく、というローテーションです。

 

 

 

・・・メリットだらけですね!

 

 

夕飯が遅くなる場合

 

 

どうしても夕飯が遅くなる人は、

夕飯を2回に分けましょう。

17:00-18:00に菓子パンなどで軽く摂取し、

その分、遅い時間帯は軽めにする。

 

 

同じ食事量であれば、回数は分けた方がいいですからね。

 

 

まとめ

 

 

夕飯の時間1つの心がけでも、

毎日の体への影響はちがいます。

 

 

ならば、できる限り早くとるようにしませんか?

 

 

ちなみに、今日私はもうとりました笑

自粛期間ということもあり、ここ2-3ヵ月は夕飯はかなり早いです。

 

 

スープ系や牛乳も買っているので、途中お腹が空いても大丈夫です。

でも、あまり空かないですね。

 

 

まだあまりやっていない人は、「夕飯を早める」ことを、

習慣にして、毎日を改善してみませんか??

 

 

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー