everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

競馬は投資になるのか?

 

今日は趣味の中から、皆さんが興味有りそうなものを1つ。

 

 

競馬は投資になるのか?

競馬は投資として成立するのか?

競馬で儲かることはできるのか?

 

 

10年くらい毎週プロの話など聞いたり学んだりして、予想してきた経験から、お話したいと思います。

 

 

 

f:id:everyday_better:20200601234222j:plain

 

 

 

結論からいうと、

「慣れて貪欲にやれば、成り立つ」です。

 

 

以下、説明していきます。

 

 

控除率について

 

ここでは一番有名な、中央競馬(JRA)の例で話します。

結論から言うと、馬券買った人のお金の、約25%が胴元に持ってかれます。

なので、簡単に言うと、平均的に当てれる人は、一年間に10万円賭けたとして、マイナス2万5千円になります。

 

 

25%持っていかれるのはデカイです。

 

 

プロは当たるのか

 

 

当たらないです。感覚的に3-4レースに1レース当たれば「当たる人」のイメージです。

 

 

私は有名な競馬予想家の予想の本質を聞くのが趣味なので、金土の夜暇ならプロの競馬予想聞きながら予想してます。

基本はプロの予想の理由を探りながら、しっくり来たものをヒントとしている感じなのですが、

 

 

プロでまともな予想出来ている人は1/3くらい、その中からヒントを得るけど、みんな当たってない(買ってない)イメージです。

 

 

 

では何故投資として成り立つと思うのか

 

 

私は競馬は法則見つけゲームだと思っています。

 

 

ある程度やると、色々な法則が見えてきます。

 

 

複数の法則が絡むので、簡単には行かないですが、

 

 

例えば以下があります。専門用語で言うと

 

 

古馬の昇級初戦は軽視。特に負けてて人気薄で負けてたら軽視

 ➡️逆に昇級2戦目は狙い目。特に前走人気馬

サウスヴィグラス産駒のダート1200は買い寄り

・馬にはコースの好き嫌い、馬場状態の好き嫌いがある。血統にも出てくる

 

 

全然もっとたくさんあるので、長く経験する必要がありますが、

 

 

基本は毎年ほぼ同じレースのローテーションを繰り返すので(例えば有馬記念は12月末にやる、など)、

 

 

その中で鉄板法則に当てはまる時のみ、徹底してやる

と腹くくってやれば、儲かると思います。

 

 

ちなみに儲かると言っても、100の掛け金が頑張っても110,120というレベルです。

 

 

長期的に200,300は無理です。それこそ、たまたま当たった1発が何度か無いと無理です。

 

 

私も含め、大体の人は

・デカいレース(重賞という)は全部やる

・今日は暇だから全レースやる

予想屋に乗っかる

とかやる(自信満点以外のレースもやっちゃう)ので、儲からないのです。

 

 

色々書きましたが、まとめると、

 

 

・競馬をある程度経験する(3年以上)

・毎週プロ予想家の予想を、何故その予想にしたか学びながら、信頼できるプロ、及び自分の納得する予想法則を見つける

本当に自信のあるレースだけやる

(それでも3回に1回くらい当たればいい方ですが、慣れれば人気馬を軽視したり、人気がない馬を本命に出来てきたりするので)

 

を徹底すれば、投資ととしてプラスになることでしょう。

 

 

但し、競馬知ってくると色んなレースに手を出したり、趣味として大きなレースに金賭けちゃう、等の誘惑が沢山出るので、本当に徹底する必要があります。

競馬としては楽しめない、にはなると思います。

 

 

いかがでしょうか。

 

 

競馬を「投資」として上手くやるには、ハードルが高いですが、徹底すればできると思います。

 

 

この記事を見て、

 

趣味として続けるか、

投資寄りに徹底するか、

 

参考になればと思います。

 

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー