everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信ブログです。

会社に嫌な人がいるとき

 

 

皆さん、会社ライフはいかがお過ごしでしょうか?

やっぱり、会社に「嫌な人」っていますよね・・・。

今回は、「会社に嫌な人がいるとき」について。

 

 

会社にいる、嫌な人。 

 

 

私の会社は、比較的嫌な人が少ないです。

そこはいいと思うのですが、

 

 

それでも、やっぱり、嫌な人はいます。

 

 

その人自体が、人として癖があるのか。ただ単に自分と考え方があっていないのか。

まあ、他の人も認める「嫌な人」であれば、なおさら厄介ですよね。

 

 

嫌な人よ、変わってくれ

 

 

嫌な人は、特に仕事上の会話で、バトルしたり、

もしくは一方的に言われたりすることが多いかと思います。

なので、勇気をだして、その人の考え方を変えにいこうとする場合もあるかと思います。

 

 

でも、人を変えるのは困難です。

無理です。変わってくれたら奇跡なのです。

 

・・・それくらい、人って変わらないです。

嫌な人は、大体癖の強い人だったりします。

なおさら変わらない&変わる気がないです。

 

 

・・・そんな時はどうしましょうか。

 

 

「嫌な人」に当たった時・・・

 

 

①正しいことを言っている場合

 →自分の頭でよく考えて、それが正しいなら、受け止めましょう。

  自分を変えるのが一番楽です。正しいなら自分の非を認めましょう。

  あなたが正しいです、と。

 

 

②正しくないことを言っている場合

 →これが厄介なのですが、まずは戦ってみましょう。

  言いたいことを言わないのはもったいないので、その人を変えに行きましょう。

 

  ・・・といっても、上述のとおり、人は中々変わりません。

 

 その場合は、その人をあきらめましょう

 

 

 戦う場合は、大丈夫です。あなたのほうが正しいのだから。

 ただし、あなたが間違っている場合もあるので、臨機応変に。。。

 

 

 あきらめる場合は、その人とは、今後ちゃんと接する必要ないです。

 ちゃんと接するだけムダなので、

 接し方を決めて、

 あとは、その人と接する時は、自分をオートモードに切り替えて、

 接するだけでいいです。

 その人に労力を割くのは無駄です。とくに心の労力とかね。

 

 

まとめ 

 

 

 自分の判断にはよりますが、

 日々よりよく過ごすには、自分の軸をしっかり持って、それに基づいて行動するだけです。それが最大の努力ですので。

 でも、独りよがりになっているときは、自分が間違っている可能性もあるので、

 広い視点も忘れずに。

 

 

 自分の人生なので、同じ状況でもより良くなるよう、

 自分でできる範囲で、工夫工夫。。。

 

 

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー