everyday_betterのブログ

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたブログです。

嫌なことを想像してしまうとき

 

皆さん、気分はどうですか?

この記事を見ているということは、

先の何か嫌なことを想像して、手がつかない状況かと推測します。

 

 

今日は、「嫌なことを想像してしまうとき」、

嫌なことを想像して、物事に手がつかないとき」について。

 

 

f:id:everyday_better:20200610201927p:plain

 

なんで想像してしまうのか?

 

 

あなたは、おそらく真面目です。

なので、先の嫌なことでも、打ち消して平和にしたく思います。

 

 

すぐ打ち消せればいいですが、中々ハードルが高いものも多く、

直ぐになんで片付かないことばかりです。

特に仕事などは、オフの時に仕事を想像してしまうので、

これは、たまったものではありません。

 

 

忙しい時の休日に、仕事の嫌なことを想像すると、

休日も心が休んでないので、心のストレス(心労)が溜まり、

どんどんつらい毎日になってしまいます。

 

 

・・・というスパイラルなのです。

 

 

なら、どうすればいい?

 

まず1つ、名言があります。 

嫌なことの90%は起こらない。

 これは、確かにそうなのです。

朝、今日起きたら嫌なことの想像をメモしておいて、

夜、本当に起きたか、想像していたくらい嫌な思いをしたか。

 

大抵は、想像のほうがはるかに嫌に感じていたはずです。

なので、「どうせ90%以上起こらないから、考えなくていいんだ」というスパイラルに

入れることも、1つの手です。

毎日辛い人は、上に書いた朝の想像と夜の結果、やってみましょう。

 

 

 

・嫌々考えても未来が変わるわけでもない。なら別のこと考えたほうが得。

これも理詰めで考えればそうなのです。

生きているのは今。未来なんか当たる人いないんだから、なら今に集中したほうがいい。

今流行りの「マインドフルネス妄想」はそうですよね。

志向が未来か過去に持って行かれて、疲れている人が多いから、

今の自分の呼吸や手足などに意識を集中させて、「今」に意識を戻す方法。

ここでは詳しく書きませんが、

優れた人もマインドフルネス妄想にかなり注目している、

もしは実践している人も多いので、身に着けるべきだと思います。 

  

 

・起こったとしても、自分ができるのは自分のベストをやるだけ、と割り切る

それが起こったとして、自分はベストをつくして今の結果なんだからしゃーない。

それのために、今からでも何か実行することで、自分がプラスになるならしよう。

今から変わらないことであれば、考えるのをやめよう。

ってことです。私のスマホにも、この考え方忘れるな、と書いてます。

 

 

まとめ

 

 

正直、つらいことは起こるかも、しれません。

ただし、上に書いた通り、大抵起こらないし、起こったとして、

自分ができることなんで限られているんだから、

前もってクヨクヨする必要はないのです。

 

 

気持ち的にも、今後のためにも、

今は嫌な気持ちに対してどう向き合うかなので、

行動するにもしないにも、いいほうを選択して、やるしか手段はないんだから。

あとは、ありのままでいいのです。

 

 

あなたが、どのパターンに合うか、

人それぞれだと思いますが、

 

 

この記事で、少しでも救われることを願っています。

 

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー