everyday_better

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたサイトです。

会社を暫く休みそうなので、現状&対処法を共有します。

ローチェです。

 

ちょっと会社が忙しいのか、色々負担がかかってしまったのかわかりませんが、

今日病院に行ったら暫く休むよう言われました。

 

とはいえ、現状と、対象法は参考にかるかもしれないので、

皆さんの参考までに、

今どういった状況なのか、どう対応しているのか、お伝えします。

 

f:id:everyday_better:20200606022210p:plain

 

 

症状

①やる気が湧かない

元気なころは、まあ社会人になったら土日どちらかは遊んで、どちらかは休む。金曜夜はハッピーだぜー!!無敵やー!!なんてなってたのですが、

基本オフは何にもやる気が起きません。

本来私は多趣味なのですが、本当は好きなあんなことやこんなとこも億劫で仕方がなく、結局寝るかソファーでyoutubeをダラダラ見るかです。

 

②心が疲れている

①と関係してる部分もあると思います。

また、そういう感覚ある人ない人いると思います。

とにかく心が疲れている感じがあります。

寝ればある程度良くなるものですが、最近良くならなくなったため、

この診断が下されたのかも。

 

③寝ても寝たりない

基本的に休日1日ほぼ寝ています。少なくとも土日どちらかは。

よく対処療法で、精神科医の有名な樺沢先生が『運動、睡眠、朝散歩』といいますが、中々辛い人は運動と朝散歩は出来ない傾向があるので、睡眠になってしまいますが、心が回復しないので、さらに睡眠のループになってしまいます。

 

④私は『死にたい』からは卒業しているつもり

私は既に『逃げる』手段を持っていると思います。

もちろん頑張れたらなお良しなのですが、

よく一般の人で知識がなく、追い詰められた時にあるのが

『死んだほうがマシだ・・・』で死んでしまうパターンです。

基本的に『死にたい』は『逃げたい、楽になりたい』なので

仕事であれば、休んで信頼している医者に客観的に診断してもらいます。

あとは結構追い詰められた経験もあるので、会社でも私的にも弁護士相談の経験もあります。

なので、他の『死にたい』ときから逃げたことがあるので、

『死にたい』に対する耐性は他の人よりはあります。

(とはいえ、辛いときは『死にたい』って言うのが一番楽なので、死にたいって誰にも見せない日記とかには書いちゃいますけどね)

 

対処法

産業カウンセラーを使う

何回か記事にも書きましたが、まずは産業カウンセラーを使うのがよいかと。

産業カウンセラーってなあに?』と思う人もいると思いますが、

要するに会社とかで『辛くなったらここに電話して』系です。

一般的な電話窓口はめちゃくちゃ混んでると思うし、会社でそういった福利厚生があるなら控えときましょう。

何故産業カウンセラーがいいかというと、

  • いきなり病院だと充分に時間取って貰えなかったりする(医者も人を捌かないといけないので)➡️産業カウンセラーは大体1時間くらい時間を取ってくれる
  • いい人であれば辛いときはここにかけて、と連絡先を貰えたりする
  • 人に本音をじっくり話すことで、頭の整理になるし、人によっては産業カウンセラーで良くなる
  • 産業カウンセラーオススメの医者ルートがあるので、医者のハズレを引きにくくなる

といった感じです。

なので、産業カウンセラーから始めるのもオススメです。私はそうしました。

 

②信頼できる医者を仲間にしておく

仕事にしろプライベートにしろ、人には浮き沈みがあります。

なので、私の場合は産業カウンセラーから『医者行ったほうがいい』となって紹介され、良い産業カウンセラーから良い医者を紹介してくださいました。

また、医者は一度で全てを見れる訳ではないので、よっぽど酷くなければ、直ぐ会社休まなくてもよいし(もちろん直ぐ休むべき!もあるが)、自分を知ってもらうために何回も通いましょう。なので、多少元気なときでも1-2か月に1回は通院することで、医者も自分の『癖』が分かってくれるようになるので、いざというときにより味方にしやすいのです。

 

もう1点

鬱は『甘え』じゃなくて『病気』です。

 

鬱で死ぬ人、自殺する人ってどれくらいいるのでしょう。未遂の人は?

大体未遂で度合いはありますが、年数十万人いると言われてます。未遂でそれくらいなので、実行にうつせないけど死にたい、なんて人は何百万人いるらしいです。

これは列記とした『現代病』で、下手な病気よりも人を殺します。

そのうち、薬や対処療法でどれだけの人が救えたのか。

『甘え』なんて言ってたら減りません。

しっかり『病気』として扱うことで、専門家に判断してもらい、すべき策をしなきゃいけないのです。

『甘え』なんて言ってる人は幸せですよ。

本気で『死にたい』と思ったことないんですから。

 

まとめ

とまあそこそこ知識はあるが体調が悪い私のケースを紹介しました。

『今は大丈夫だけど次行く職場が不安』

『大変になってきて、疲れが大分出てきた』なんて方でも、逃げ道の手段を1つは作るべきです。

真面目な人ほど、追い込まれた時に、ゼロヒャク思考で『死んだほうが・・・』

となってしまいます。その前に打てる対策はしておいて損はありません。

 

意外と『少し辛くなってきた・・・』くらいでも、

そこで産業カウンセラーなd繋がりを作っておくことで救われることもあるので、

是非繋がりは作っておいてもらえたらな、と思います。

 

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー