everyday_better

毎日を少しでもよりよくするための、情報発信をメインとしたサイトです。

キツい時は休もう

ローチェです。

 

今月は祝日がたくさんありましたが、

次はゴールデンウィークまでしばらく休日もありませんね

「えっ、辛くない?」

と思っているアナタ、

有給休暇ってものは活用できてますか?

 

有給は積極的に使っていきましょうね。

 

 

有給休暇の利用は義務化されている

「有給なんて、形だけで使ったことないよ」

という人もいると思います。

でも、2019年4月以降は、

「年10日以上支給されている人に対しては、5日は取得させる」必要があります。

ですので、最低5日は使いましょう。

これは、守らない場合の罰則もあるので、全然取れていないという人は使いましょう。

 

忙しくてそれどころじゃない

日本の多くの企業、特にコロナ禍になってからは人員削減も多く、「それどころじゃない」「休まないとまわらない」というところも多いでしょう。

実質、私のチームもギリギリです。

 

でも、私は休みます。「権利」なので。

 

もちろん最低限はこなします。

ただし、「人が足りてない」なんて言い続けていますし、そうしているのは管理側の責任です。そんな状況では、改善活動なんてする余裕もありません。

なので、想定以上の仕事は受けませんし、休むときは休みます。

 

休まないと仕事させられる

私も数年前まではバリバリ働いていました。

月100時間残業が数ヶ月続くこともありましたが、よくわからないなりに頑張ってきました。

そうしたら、「あいつは頑張れる」のレッテルを貼られ、また月100時間のデスプロジェクトに放り込まれました。

その時点で「また1年くらいこの生活が続くのか」「管理者は人を入れる気もない」等のことや、仕事自体のストレスも高かったため、また私は元々鬱っ気があったので、産業カウンセラー経由で医師に軽くお世話になっていたこともあり、とある朝、絶望すぎて思考停止になっていたときに、「これはマズい」と思い、貯まった仕事を1日だけ置いて休んで病院に相談に行きました。結果は「鬱」で、2~3ヶ月の休養が必要になりました。

 

真面目で一途で、周りが見えている人ほど、

「今は休めない」となって休まないのですが、

適度に休まないと、崩した言い方をすると体をサボらせないと、ガタが来てからは遅いのです。

私の周りでは、過労のせいで、すごい人格者で仕事もできる人が、朝倒れて亡くなってしまったという悲惨な事件もありました。

1年半のデスプロジェクトが終わる間際、でした。

 

この経験と、私の鬱で休んだ経験から、

「バリバリ働くことより、自分の体調のほうが大事」なことを痛感しました。

 

特にリモートワークだと危ない可能性も

オフィスワークのいいところとして、

「雑談でストレス解消できる」というものがあります。

なので、真面目な人ほど、リモートでも炎々と仕事をしてしまいます。

別に好きで続けられるならいいですが、責任感が強くやってしまう人の方が多いです。

その場合、見えないストレスも貯まっていきます。

そういう人ほど、休み方・サボり方を知りません。壊れてからでは遅いのです。

バリバリ働くのが人生のほとんどでよいなら問題ありませんが、そうでなければ考えは見直すべきです。

 

それでも休みづらい人は

「そんなこと言ったって休みづらい」

「周りの目や声が気になる」

という人は、その会社はダメなので、変えた方がいいです。

周りの労働者も管理者もダメです。

環境を変えることも検討したほうがいいですよ。その環境は思考停止してるので。

 

まとめ

今は、コロナ禍や季節の変わり目でもあるし、しばらく祝日もないので、体調を崩しやすいです。

もちろん仕事頑張るのも大事ですが、

人生一度きり、体も心も資本ですから、

適度に休んで乗り切りましょうね。

 

Copyright ©everyday_betterのブログ All rights reserved.


プライバシーポリシー